STAFF BLOG

2014年2月19日 水曜日

〝妖精〟は 再び舞い躍る







森戸です















愛らしい笑顔と共に 彗星のごとく現れた少女は軽々と舞い、世界に立った。 


あれから幾年・・・  時に涙を見せ、悔しそうにうつむいた彼女はソチのリンクに戻ってきた。
















だが、若い彼女が 世界の頂点を目指し 長年 自らを律し、巨大な壁に挑み続けるのは 大変に切なく、険しい道のりだと思う。



きっと今・・ 紛れもなく、メダルへの私たち日本人の、期待と重圧を背負っているだろう。


















だから 僕は願う。


 最後のオリンピックで 彼女自身が、〝ただ〟納得できますように・・ 彼女が〝ただ〟笑顔でいられますように。

















 


カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ